• 東京都 新宿区神楽坂6-8 大〆ビル203
  • TEL/ 03-3527-9960
  • 営業時間: 11時~22時(トリートメント終了)
  1. HOME
  2. はじめての方へ

はじめての方へ

はじめてアーユルヴェーダを受けられる方へ(施術前に確認してください)

以下に該当する症状のある方は、残念ながら施術を受けていただくことができません。 (一部のメニューをを除く)

  • 生理中(個人差によりますが、生理初日から3、4日目くらいまで)
  • 妊娠中
  • 発熱
  • 心肺機能障害
  • その他医師の治療をお受けの方

上記の方は担当医にご相談の上で施術をお受けください。

アーユルヴェーダトリートメントの効果を高める
コンディション作りについて

アーユルヴェーダは、トリートメントを受ける前のコンディション作りがとても大切です。

体を果物にたとえると、青く硬い果実からたっぷりの果汁は絞ることができませんね。
たっぷりの果汁を絞るには、実をしっかりと熟成させなければなりません。

つまり、体から毒素を排泄するためにも、そのための準備というものが必要です。

トリートメントを受けていただく数日前からベストなコンディション作りにチャレンジしてみてください。
難しいことは一切ありません。

また、実践できなかったからといってストレスに感じる必要はありません。
取り入れられる簡単なことからまずは実践してみましょう!!

 

  • 水分を多めに摂取する。(理想は冷たすぎない常温のお水か白湯)※小まめに摂取がポイント!
  • 数日前から(遅くとも前夜は)食事は腹八分目を心がける。※日頃から「もう一膳」を「もう半膳」に!
  • 前日に深酒しない。※アルコールは控えましょう
  • 前夜は良質な睡眠を心がける。※早寝早起き。30分早く布団に入り、目覚ましを15分早くセット!
  • トリートメントの当日は、施術を受ける2時間前には食事を済ませ、極度の空腹や満腹の状態は避けましょう!
  • 日頃から体を冷やさないように※夏は特に冷房対策をお忘れなく(冬は帽子で頭部と耳を覆うと良いと言われています)

アーユルヴェーダトリートメント後の過ごし方

アーユルヴェーダトリートメントは、施術後の過ごし方がとても大切です。

トリートメント後の体は毒素を排泄するためのメカニズムが働き出しています。

アーユルヴェーダのトリートメント効果を最大限に引き出すためにも、トリートメント後の過ごし方を心がけ、トリートメントをお受けになる日は、身も心もゆとりを持っていただくと良いでしょう。

  • 引き続き水分を多めに摂取しましょう。※やはり冷たすぎない常温のお水か白湯が理想です
  • お食事は、消化が良く温かいお食事を少なめにお召し上がりください※なるべく手作りで!
  • 家事やお仕事、遠出といったことは極力避けていただき、ゆったりとした気分でお過ごしください
  • 帰宅後、急な眠気がおきた場合は、うたた寝はせずに早めのご就寝をおすすめします
  • 排泄を我慢せず、翌日の排便・排尿の状態をみとどけましょう
  • 日差しの強い季節には、日よけ・紫外線対策をお忘れなく
  • 寒い季節にシロダーラを受けた場合には、頭を冷やさぬためにも帽子などをご持参ください

※当サロンでは、医療行為は一切行っておりません。

YouTube Movie